離婚と子供について

離婚家庭の子供は決して不幸ではない

2019年3月29日

こんにちは、しょーさんです。

 

私の両親が離婚したのは11才の時でした。

母から唐突に「離婚する事になったから。」と告げられ、それと共に家を出ていく親父。

悲しみでただただ、泣きわめく事しかできませんでした。

離婚によって辛い経験を多くしてきましたが、今は幸せだと感じています。

こういった背景の私から、

「離婚家庭の子供は決して不幸ではない」をお話していきます。

 

離婚した親・離婚を考えている親「離婚という選択を選んでしまったけど子供は不幸と感じているのかな・・・」

 

今回はこういった方々を対象としています。

 

離婚家庭の子供は決して不幸ではない

離婚によって辛い経験をたくさんするとは思いますが、不幸なのかといえばそれはNOだと思います。

理由は、一生涯親よがりの子供なんて居ないからです。

子供が親を頼りにして生きていくのはせいぜい高校卒業・大学卒業までです。

それと私と同じ離婚家庭の子供は精神的な自立が早いように感じます。

いつまでもお母さん・お父さんと、親の後をついては行かないですね。

人生を仮に80年として最初の20年で子供の人生が不幸だと決まるわけがないですよね。

とはいえ私自身も親の離婚で辛い思いをしてきました。

離婚した当時が人生のどん底だとも思えますが、断言できます。

不幸ではないです。

自分が親になったら離婚はしないと誓い、現在2児の親

家族4人でとても幸せに暮らしています。

なので、離婚家庭の子供は決して不幸であるとは限らないです。

幸せかどうかは周囲の人間や親が決めるものではない

そして大切なのは「幸せかどうかは周囲の人間や親が決めるものではない」です。

言うまでもなく自分の人生が良いものかそうでないものかは自分本人が決めるからです。

どうも人間は人物比較・批評をしたがるみたいです。

私自身も周囲から憐みの言葉をたくさん言われてきましたし、ひそひそ話も聞こえていました。

「可愛そうに・・・大変だろうに・・・」

まさに同情するなら金をくれ状態ですわ(笑)

離婚した直後や、精神的ダメージが大きい時に聞こえてくるのは嫌でしたね。

とはいえ私自身、中学3年生くらいで立ち直ってましたし、

それからは周りからなんて言われようが気にしちゃいなかったです。

なので、繰り返しになりますが、「幸せかどうかは周囲の人間や親が決めるものではない」ですね。

低収入で苦しむのは事実である

私の家庭も他の離婚家庭も大体貧乏でした。

離婚後は母親が子供を引取るケースがほとんどで、収入が足りないからです。

元夫からの養育費も貰えない家庭が多いのも事実で、うちもそうでした。

食べ盛り・子供がおしゃれをしたい・遊びたい・習い事をしたい・塾に行かせてあげたい

そうなると、母親一人でやりくりしてくのは大変だと容易に想像できますよね。

もちろん離婚してから申請できる児童扶養手当や、親族の援助(お金ではない)は貰っていました。

それでも相当やりくりには苦労してましたね。

なので離婚後は低収入で苦しむのは事実です。

支援制度を使って貧困連鎖から抜けだせ

現在の日本は子連れ離婚を支える支援制度が充実していると思います。

母親が職に困らないように資格やスキルを習得する為の費用が無料・受講手当が10万支給・通勤手当支給など

子供が小中学校で学ぶのに必要な費用を自治体が援助

高校、大学へ進学する際の返済不要の奨学金

ぱっと思いつくだけでも結構あります。

なので親も子供も制度を上手に最大限利用しましょう。

ほかにもたくさん支援制度や手当等あるので、別記事でまとめたいと思います。

離婚家庭で育った私が思う事

私個人の意見としては、「離婚という選択を選んでしまったけど子供は不幸と感じているのかな・・・」と

心配している親の元では、子供は不幸になりませんよ。

そして、愛情を注いで育てていくことはもちろんですが、

様々な制度を使って、自分たちの行動範囲をどんどん広げていきましょう。

特に子供の進路については、お金が無いから就職しなさい と決めつけるのではなく、

親が制度を使って資格取得などで待遇の良い職に就き、資金調達をする努力をする

子供は遊びも一生懸命やりながら、勉強・部活に力を入れる

頑張った結果を元に高校や大学へ推薦・特待・奨学金制度を使って進学をする

離婚家庭に生まれた私だから上記の考えになるのかもしれませんが、同じような境遇の方には前へ前へと進んで貰いたいと思います。

親がどう頑張っても最後は本人次第な所もありますが、背中をぐいぐい押せる親であってほしいです。

 

というわけで、今回は以上です。

離婚する、しないにかかわらず自分たちのベストな形を探していきましょう。

-離婚と子供について

Copyright© shosanblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.