離婚後について

固定費を下げる方法5選を紹介

しょーさん
どうも、固定費にはうるさいしょーさんです。

今回は固定費を削減する方法をザザザーっと紹介していきます。

  • 毎月の出費を少しでも安く済ませたい人
  • 離婚後の生活に向けて準備したい人

に向けて記事を書いています。

このブログはシングルマザー・ファザーの方や離婚を考えている方に多く訪問して頂いています。

少しでも子供の夢や親のやりたいことが出来るように、家計が楽になるように、と記事を作成しました。

全て実施すると毎月の固定費が手堅く1万円以上削減できるので、実践あるのみ!

 

固定費削減方法は以下の通りです。

    • 家計簿をつける
    • 保険の見直しをする
    • 格安シムに乗り換える
    • 電力会社を乗り換える
    • ふるさと納税で食費・日用品を購入する
    • ネットバンクを利用する
しょーさん
簡単だし一度重い腰を上げて実践してしまえばグッと家計が楽になるよ!

家計簿をつける

初めにお金周りを整理するには家計簿をつけることをおすすめします。

普段から使用している家計簿がある方は引き続き既存のものを使ってOK。

家計簿をつけてこなかったわ、という人はこれを機に無料の家計簿アプリ、マネーフォワードでの管理をオススメします。

クレジットや口座振替とも連動しており、週間収支など自動で作成してくれるので入力の手間が大幅に省けます。

削減前と削減後で効果を確認する意味でも設定しておくことをおすすめします。

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

[/st-cmemo]

保険の見直しをする

さて、ここからが本題!

始めに見直すべき固定費は保険料!

各保険を見直すことで削減できる固定費はだいたい5000円〜20000円!

そんなに削減できるの?と思われるかもしれないけど、過去の自分も含めてほんとに保険にお金払いすぎ!

日本は世界トップレベルの国民健康保険制度があるからすでに国の保険によって守られています。

内容をよく理解して本当に必要な保険だけ、民間の保険でカバーしましょう。

どこの保険を選んだら良いんだろう?となった時に使えるサービスが「保険一括見直しサイト」です。

このサービスは保険会社の何百という保険プランから家計と家庭に合わせたものを提案してくれます。

  • 保険とか難しい話はイマイチ分からん
  • けど保険料高すぎるから見直したい
  • 自分と家族にどんなリスクがあるのか分からん
  • ライフプランを相談したい

そんな方におすすめです。

保険一括見直しサイトは何種類かあります。

【マネードクター】保険見直しラボのようなサイトです。

無料で何度でも相談ができ、利用後にはプレゼントが貰えるキャンペーンをだいたいやってます。

どれを選んでも良いし、サイトや相談するプランナーを変えて数回行ってもOK。

おすすめはリクルートが運営している保険チャンネル

ホットペッパーやじゃらんを使ったことがある人はそのままIDを使えるので登録の手間がありません。

保険料が削減できるので、使ってみてください!

格安シムに乗り換える

次に見直すべきはスマホの通信料です。

大手3大キャリアを使用しているなら、格安SIMに乗り換えるだけで1台あたり毎月2000円~5000円くらい削減できます。

※マイネオの料金画像

 

格安SIMへ乗り換えたときのデメリットは

回線が混み合うお昼の時間帯は通信速度が遅くなることくらい。

私はmineoにした結果、7000円→1518円(デュアルタイプ5 G)になったので、毎月約5500円も削減出来ました!

 

電力会社を乗り換える

次は電力会社を乗り換えです。

2016年から電力の自由化が始まり、電気会社を自分で選べるようになりました。

kwあたりの単価が安い会社を選べば毎月の電気代が安くなります。

月に換算すると500円〜1500円と金額は小さいですが、年単位で見ると結構まとまった金額になりますよ!

電力はどこの会社を選んでも工事が必要なく、全てウェブ上で手続きが完了するところがメリット。

やるだけで今後ずっと電気代が安くなります。

エネチェンジという電力比較サイトで、住んでいる地域と家族構成等でシュミレーションが出来るのでやってみましょう。

ふるさと納税で日用品を購入する

最後はふるさと納税で日用品を購入するです。

おすすめは楽天ふるさと納税でお米や肉といった日用品を購入することです。

ふるさと納税の仕組みが分からない人は動画を参考に!楽天ポイントも入って自己負担金もまかなえる。

詳細は動画を見れば分かります。

ふるさと納税が出来る額は年収や家族形態で決まるので、シミュレーションで計算してみましょう。

楽天カードを持っていない方はこの機会に作っておきましょう!

 

ネットバンクを利用する

ATMでお金を下ろす時に少なからず手数料を払ってるならネットバンクを使うのがおすすめ!

ネットバンクでおすすめは楽天銀行

削減できる金額は小さいけどちりつも。

まとめ

今回は固定費の削減方法を紹介しました。

一度見直してしまえば自然と貯金もできるし、生活がぐっと楽になります。

固定費の削減には敏感なので、今後も良いサービスがあればこちらで紹介したいと思います。

-離婚後について

© 2022 shosanblog Powered by AFFINGER5