離婚と子供について

親が離婚した子供の気持ちを離婚家庭で育った私が全部教えます

2020年5月21日

しょーさん
11歳の時に両親が離婚し離婚家庭で育ちました。

どうも、しょーさんです。

本記事では親が離婚した子供の気持ちについて書いていきます。

悩む親
離婚を考えているけど、離婚したら子供はどういう気持ちになるの?

こういった方に向けて私の実体験をお話ししていきます。

この記事を私が書く理由は「離婚家庭の子供の気持ち」の情報量があまりにも少なく、

・子供の気持ちを親に理解して貰えない

・離婚を考える親が子供の気持ちを知りたくても分からない

と思ったからです。

 

私は「子供の気持ちを理解したのなら離婚するな!」とは言いません。

離婚は幸せになるための手段ですから。

逆に「子供が悲しむから離婚しない・・・!」というように、子供を「夫婦の接着剤」にはして欲しくないと思っています。

なのでこの記事を読み「親が離婚した子供の気持ち」が分かったら、

まず、自分の幸せについて考え、そのあとに離婚は必要なのかを考えましょう。

注意

この記事で記載する「親が離婚した子供の気持ち」は両親の性格の不一致による離婚によって生じた気持ちです。

子供やどちらかの親がDVや虐待、モラハラを受けていたわけではありません。




親が離婚した子供の気持ちを教えます

親が離婚した子供の気持ちを私の経験談で4つ綴らせて頂きます。

  1. 大好きな両親が離婚したことに対する悲しさ
  2. 子供に相談もなく離婚したことへの苛立ち
  3. 誰にも相談できない心苦しさ
  4. 楽しいも嬉しいも感じない心

順に当時を思い出しながら書いていきます。

大好きな両親が離婚したことに対する悲しさ

大好きな両親が離婚するのは、一般的な家庭に生まれ普通に生活してきた私にとっては、人生で最も悲しい出来事でした。

枯れるほど涙を流し、喪失感を感じたのは前にも後にも両親の離婚の時以外にありません。

安心できる場所、どんなことがあってもまた立ち直ることが出来る場所だった家が私の前から無くなったのです。

この悲しさは恐らく親にはなかなか理解できないとは思いますが、例えるならあなたの目の前から子供が居なくなるのと似た感覚だと思います。

子供に相談もなく離婚したことへの苛立ち

私の両親は私になんの相談もなく離婚を決め、父親が出て行ったその日に報告されました。

最初は悲しい気持ちでいっぱいでしたが、次第に「なぜ子供だからと相談なしに離婚を決めたんだ。家族なのに。」と両親への苛立ちを覚えました。

同時に家を出た父親に「私と毎日会えなくてもいいのか・・・」と思ってしまいした。

誰にも相談できない心苦しさ

両親が離婚し悲しみのどん底に居た時も私は誰にも相談が出来ずにいました。

1人では到底、対処出来ない悲しみ・不安・辛さを抱きかかえて。

当時の私は離婚に対して僅かな偏見を持っており親が離婚していることがかっこ悪い恥ずかしいと思っていました。

誰にも知られたくない、気付かれたくない、そう思って毎日を過ごしていました。

楽しいも嬉しいも感じない心

両親が離婚して間もない頃は何をしても楽しいと感じない・嬉しいと感じない毎日でした。

家を出て行った父親からも後日すぐに連絡が来て「いつでも会いに来ていい」と伝えられた。

ただ私は、大好きな両親が一緒に居られなくなったことが悲しくてたまらなかった。

前々から両親が仲が良くないのは薄々気づいていた・・・。

気付いていただけに、「あの時何をしていれば離婚しなかっただろうか?自分が何をどんな風に伝えたら離婚しなかっただろうか?」と考える毎日でした。

離婚を考えている方は自分と家族の幸せについて考えてみよう

オブラートに包まれていない「両親が離婚した子供の気持ち」を読んでどう思いましたか?

子供って親が思うより意外と深いところまで考えています。

おそらく「子供の気持ち」が書いてあるこのページに訪れるくらい子供のことを真剣に考えてくれている方は、

「子供がこんなに辛い思いをするなら離婚するのやめよう・・・。」と思ったかもしれませんね。

でも離婚を考えている親に私が言いたいのは、まずはあなた自身の幸せと家族の幸せを考えてみよう?ってことです。

  1. あなたの幸せを考える
  2. パートナーの幸せを考える
  3. 子供の幸せを考える
  4. 家族の幸せを考える

幸せじゃない親元で幸せを感じる子供はいないし、離婚を我慢してあなたの人生はどうなるんですか?

親であるあなたも1度きりの人生。このまま我慢をし続けて年を取っていくだけの人生で良いですか?

なにもかも歩くのを止めて精一杯幸せについて考えてみよう。

離婚は本当に必要か考える

あなたの幸せや家族の幸せを真剣に考えたら離婚は本当に必要か考えましょう。

あなたの幸せはパートナーが居なくては成り立たないものでしたか?

子供達の幸せは何でしょうか?夫婦が揃っていなければ幸せを感じることができませんか?

家族が幸せになるにはどうしたら良いでしょうか?

お父さん、お母さんが少し距離を取って幸せになれるのなら、それも子供たちの幸せにつながりませんか?

離婚を我慢することが一概に得策だとも言えませんよね。

ちなみに離婚が子供に影響するのではないか?と不安な方は「【誤解し過ぎ】離婚が子供に与える影響4つを紹介&解説【離婚家庭の子供が執筆】」をお読みください。



まとめ

親が離婚した子供の気持ちについて書きました。

離婚すると子供は下記の気持ちになります。

  1. 大好きな両親が離婚したことに対する悲しさ
  2. 子供に相談もなく離婚したことへの苛立ち
  3. 誰にも相談できない心苦しさ
  4. 楽しいも嬉しいも感じない辛さ

離婚することが悪いことではない。

離婚した後にみんなが幸せになれれば離婚といえども良いものになるでしょ?

だからまずは自分の幸せを考え、家族みんなの幸せについても考える。

今パートナーと仲が悪い人は黙ってても関係は良くならない。

思い切って「私達の幸せってなんだろう?」って一緒に考えてみるのもありじゃないですか?

 

ちなみに私は仮に離婚すると決まっても、パートナーが安定した生活を送れるまで協力するべきだと思っています。

特に離婚後に貧困に陥ることは幸せとは程遠い状態になります。

子供の親である限り離婚したからもう無関係とはならないですよ。

離婚は家族みんなが幸せになるための手段です。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

【誤解し過ぎ】離婚が子供に与える影響4つを紹介&解説【離婚家庭の子供が執筆】




-離婚と子供について

Copyright© shosanblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.