おすすめできるもの

遠距離恋愛でネックになる交通費を下げる5つの方法

2019年8月21日

【本記事のターゲット】

・遠距離恋愛をしている人

・遠距離恋愛をしていて会いに行けない理由が交通費になっている方

・遠距離恋愛をしていて交通費の負担割合に悩んでいる方

 

私は2年半の遠距離恋愛(名古屋と札幌)を経て結婚しました。

遠距離恋愛をしていると会いたいと思っていてもなかなか会いに行けませんよね。

会いに行けない理由として以下が考えられると思います。

・お互いの都合

・仕事のスケジュール

・高い交通費

もしお互いの都合が付き土曜日、日曜日と2日間の休みがあったとしたら会いに行きますか?

残念ながら私は会いに行かないですね。

正確には「会いに行けない」です。

なんでって・・・交通費が高いからですよ!!

私は年に6回彼女(現在の妻)に会いに行っていましたが平均すると1回あたりの交通費は往復で46000円。

いや・・・給料の低い若手社員にとっては痛すぎる出費よ・・・。

この記事を読んでくれている方もきっと同じ思いなはず。

遠距離恋愛を経て結婚した身として伝えたい事は、

・お金の面で苦しくて会えないというのは切なすぎる

・出来る事ならもっとたくさん会って欲しい

・交通費だけじゃなくて思い出づくりやプレゼントにもお金をかけて欲しい

ということなんです。

そこで今回は遠距離恋愛中の交通費を少しでも低く抑える方法を紹介したいと思います。

本記事の狙い

交通費を低く抑えて会う回数を増やしたり思い出づくりにお金を充てられる様にする

しょーさん
私が遠距離恋愛をしていた時よりも便利なサービスが沢山出てきているので活用しない手は無いです。



飛行機代を安く済ませる方法4つ

交通費を出来るだけ安くする為に私が実際に行っている方法を紹介します。

現在の私は結婚しましたが、実家が北海道で年に2回は帰省しますし、家族で旅行にも行きます。

紹介する方法を駆使して交通費を安く抑えています。

飛行機を利用する人は以下の方法で普通にチケットを購入するよりも安いチケットを購入する事が出来ます。

飛行機代を安く済ませる方法1:飛行機代を安くしたければチケット発売日を狙うべし

飛行機は基本的に搭乗日よりも早くチケットを購入した方が価格が安いです。

例えばANAの最安値チケットはスーパーバリュー75という75日前までに購入出来るチケットで、定価の60%以上は値引きされます。

ANAのチケットは年に2回に分けて発売され、2019年10月27日以降のチケットは8月27日に発売されます。

参照:スーパーバリューについて(ANA公式HP

仮に11月に飛行機を利用するなら、発売日の8月27日にスーパーバリュー75のチケットを購入するという事です。

この仕組みを知らない人が意外と多いので紹介しました。

他の航空会社も同様の仕組みになっています。

割引されているチケットは数に限りがあるので狙うべきは発売日ですよ!

飛行機代を安く済ませる方法2:航空券比較サイトを使って最安値のチケットを探す

航空券の比較サイトを使うのも手段の一つです。

ただし私の経験上、上記で紹介したスーパーバリューチケット75のような大幅に割引されるチケットはすぐに売り切れてしまうので出回らないです。

ではどういう時に比較サイトを使うのかというと、最安値チケットの発売日が過ぎてるが「1か月後に急に予定が合い会える事になった!」みたいな場合です。

なので順序的には以下の通りになります。

①普段は会う予定をしっかり立てて公式サイトで発売日に最安値チケットを購入する

②1日~1か月後に会う予定が出来た場合は比較サイトを使い現時点での最安値チケットを探す

飛行機代を安く済ませる方法3:マイルを貯めてタダで飛行機に乗る

ANAやJALのクレジットカードを利用し貯まったマイルで無料で航空券を発行する方法。

現在私も2回/年ほど地元の北海道に帰省するのですが、その際はマイルで航空券を発行しているので無料で帰省できています。

マイルを貯める方法として、私の例を挙げると、毎月の固定費(光熱費、水道代、ネット代、携帯代、)やネット通販代、食費、衣類代、交通費といったほぼすべての支払いをクレジットカード払いしています。

工夫などせずともクレジットカードに支払いを集約するだけで1往復分くらいはタダになっています。

私が使っているのはANA JCBカード

初年度年会費無料(次年度2000円/年)の一般カードでも十分マイルがたまるのでクレジットカードに抵抗が無い方はおすすめです。

今ならマイルのプレゼントもあるみたいです。

飛行機代を安く済ませる方法4:若者向け割引運賃を利用する

航空会社によって規定は様々ですが、航空会社が定める年齢以下であれば運賃が半額になるというもの。

JALなんかのスカイメイトは26歳未満と適用される年齢の範囲が広いのでありがたいですね。

注意点として、搭乗日当日に空席がある場合に利用できるとなっているので満席の場合は利用できないです。

会社ごとに条件を表にしたのでご覧ください。

航空会社 割引運賃名称 適用年齢 公式HPへのリンク
JAL スカイメイト 26歳未満 https://www.jal.co.jp/dom/fare/rule/r_skymate.html
ANA スマートU25 25歳未満 https://www.ana.co.jp/ja/jp/book-plan/fare/domestic/smart-u25/
スカイマーク U21直前割 21歳未満 https://www.skymark.co.jp/ja/fare/u21.html
ソラシドエア ヤング割 22歳未満 https://www.solaseedair.jp/fare/price/yourth.html
スターフライヤー スターユース 26歳未満 https://www.starflyer.jp/fare/fare_list/star_youth.html
AIRDO スカイメイト 26歳未満 https://www.airdo.jp/plan/fare/skymate/

高速道路の料金を安くする為のおすすめサービスは速旅

車での移動で高速道路を利用する人はNEXCO中日本が提供する速旅というサービスがおすすめです。

高速道路の一定区間内、指定日内であれば乗り降り自由で定額で利用できるサービスです。

観光施設のチケット代と高速料金の割引がセットになったプランもあるので速旅から遊びに行く場所を探すのもおすすめです。

実際に私が愛知⇔三重県で使った例もあるので参考にしてみてください。

高速料金を安くするなら速旅ドライブプランを使おう【定額で高速乗り放題!】

参考:NEXCO中日本速旅公式HP

ちなみに西日本の方は「みち旅」みたいです

参考:NEXCO西日本みち旅公式HP

私が遠距離恋愛中に掛かった交通費は276000円/年

年間で276000円も交通費に消えていたんですね。

結果的に彼女に会えていたし、彼女に会うことが毎日の活力になっていたわけなので、無駄にはなっていません。

が、当時はまだ20歳。

若手社員の安い給料に年間276000円はマジで大ダメージでした。

ちなみに交通費だけの金額でしたので、上記の金額にプラスして以下の交際費も別途掛かっていました。

交通費以外の交際費

・2人でどこかに遊びに行く交通費

・食費

・どこかへ泊りに行くなら宿泊費

・誕生日やイベント時のプレゼント代

貯金もほぼ出来ていない状態でした。

しょーさん
私の給料すべて妻に注ぎ込んだわけです(笑)

結婚できたから良しとしますかね(笑)

言い方(笑)

まとめ:交通費を安く抑えて会う回数や思い出作りをしよう

遠距離恋愛をしていた当時に紹介していた方法を知っていれば交通費の負担が減り、もう少し会う回数や旅行に行く回数を増やせたかもしれません。

これから遠距離恋愛を始める人や、今まさに遠距離恋愛中の人は是非参考にしてみてください。

最後にまとめます。

遠距離恋愛でネックになる交通費を下げる5つの方法

方法1:飛行機代を安くしたければチケット発売日を狙うべし

方法2:航空券比較サイトを使って最安値のチケットを探す

方法3:マイルを貯めてタダで飛行機に乗る

方法4:若者向け割引運賃を利用する

方法5:高速料金を安くするおすすめの方法は速旅を利用する

交通費が掛かってしまう遠距離恋愛ですが、メリットもあるんですよ!

私が実際に感じたメリットを3つ紹介してます。

これから遠距離恋愛をする方やしている方が、会えない時間を有効活用出来るようになる記事です。

良ければお読みください。

2年半の遠距離恋愛で実際に感じたメリット3つ紹介【時間を有効活用】

以上で今回は終わります。

ありがとうございました。

-おすすめできるもの

Copyright© shosanblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.